2014.04. 7 , 10:28

ウクライナ 4月7日からロシア国民の滞在期間を制限

ロシア国民は4月7日から、ウクライナに入国日より180日の期間で最大90日しか滞在できなくなる。

   国境警備局によると、この決定はロシア側が1月1日からウクライナ国民のロシア領内における滞在期間に同様の制限を設けたことを受けてのもの。
   国境警備局によると、「ウクライナの国際協定で別の日程が定められていない場合、法的根拠に基づいてウクライナを訪れたロシア国民は、入国日から180日の期間で最大90日までしかウクライナ領内に滞在することができない」という。

   インターファクス

  •  
    シェアする