2014.04.10 , 09:17

ロシア議会下院にゴルバチョフ告訴の動き

ロシア議会下院にゴルバチョフ告訴の動き

   ロシア議会下院が「ゴルバチョフ非難」に動いている。会派を異にする複数の議員がロシア連邦検事総長ユーリイ・チャイカに宛て、ソビエト連邦崩壊時におけるソ連大統領ミハイル・ゴルバチョフの行動を調査するよう求めた。

   議員らは刑事事件としての起訴を求めている。「イズヴェスチヤ」より。

   議員らによれば、当時、住民投票では国民の多くが連邦の維持に賛成したにも関らず、ソ連大統領の行為によって「国家は崩壊した」。

   議員らは、この「犯罪」には時効がない、と強調している。

   RBK

  •  
    シェアする