2014.04.10 , 10:28

米HP社、ロシア役人への賄賂を認め罰金1億ドル

米HP社、ロシア役人への賄賂を認め罰金1億ドル

   コンピューター関連機器製造世界最大手の米企業HP(ヒューレット・パッカード)が外国の公務員に賄賂を行っていた事実を認めた。

   米国政府は同社が「有利な条件で契約を結ぶため、ロシア、ポーランド、メキシコの公務員らに賄賂を渡していた」疑いがあるとして告訴していた。米法務省サイトより。

   ロシア側は特別基金を設立するなどして対応した。ロシアに対しては数百万ドルの賄賂が送られていたことが分かった。HP側は賄賂と引き換えに、ロシア最高検察庁の公用コンピューター供給を内容とする有利な契約を結ぶ狙いであった。

   米法務省発表では、HPは「外国における汚職に関する法律 」への違反を認め」、総額1億800万ドルの罰金刑に服すことを承知した。

   Newsru.com

  •  
    シェアする