2014.04.12 , 12:48

ロシア、航空宇宙学の日を祝う

ロシア、航空宇宙学の日を祝う

4月12日、ロシアは航空宇宙学の日を祝っている。1961年のこの日、世界で初めての有人宇宙飛行を当時のソ連の宇宙飛行士ユーリー・ガガーリンが達成した。

   ガガーリンを乗せた宇宙船ボストークはモスクワ時間9時7分に打ち上げられた。宇宙船は地球の周りを一周した後、2度目の周遊を開始した時点でソ連領内に着陸している。
   飛行中、ガガーリンは通信ルポルタージュを行い、地球からの通信を受信し、自分の感想をマイクに向かって録音しつつ、機内のシステムの作業を管理し、マニュアルで宇宙船の試験操縦を行なっていた。ボストークは地球に一番近い地点で181キロ、最も離れた地点で327キロの軌道を回った。
   2011年4月7日、国連総会特別会議では4月12日を国際人類宇宙飛行の日と定める決議が採択されている。

   イタル・タス通信

  •  
    シェアする