2014.05.29 , 18:02

ロシア・ベラルーシ・カザフ大統領 ユーラシア経済同盟条約に調印

ロシア・ベラルーシ・カザフ大統領 ユーラシア経済同盟条約に調印

29日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領、カザフスタンのヌルスルタン・ナザルバーエフ大統領は、ユーラシア経済同盟条約に調印した。

   3つの国の議会は、この条約を今年末までに批准し、来年1月1日からユーラシア経済同盟は、その機能を開始することになる。
   その瞬間から、この3か国の間では商品、サービス、資本、労働力の移動が自由になる。さらに3つの国は、鍵を握る経済部門においては互いに打ち合わせのなった政策を実行する。
   なお同盟が機能を開始して間もなく、アルメニアも加盟すると見られている。プーチン大統領によれば、アルメニア加盟に関する合意は、近く結ばれる。又プーチン大統領は、同盟へのキルギス加盟の加速化が図られる可能性があると指摘した。
   またロシア、ベラルーシ、カザフの大統領は、自由経済ゾーン創設に関し、ベトナムとの交渉を活発化させることで意見の一致を見た。

   イタル-タス

  •  
    シェアする