2014.06.17 , 10:32

福島第一原発 汚染水の流出を防ぐ「凍土壁」 十分な結果出ていない

福島第一原発 汚染水の流出を防ぐ「凍土壁」 十分な結果出ていない

   福島第一原子力発電所で汚染水の流出を防ぐために「凍土壁」の建設が進められているが、十分な結果が出ていないことが明らかとなった。17日、NHKが報じた。

   NHKによると、福島第一原発では汚染水が海へ流出するのを防ぐために、4月から汚染水の一部を凍らせて氷の壁を作る作業が進められている。汚染水が地下トンネルに流れ込むことを防ぐために、トンネルの入り口部分に地上から配管が打ち込まれ、汚染水を凍らせて壁をつくる液体が流し込まれたが、未だに一部が凍っていないことがわかったという。

   東京電力によると、計画通りに「凍土壁」が完成するかどうかは不透明な状況だという。NHKが伝えた。

   リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする