2014.08.21 , 12:27

米国の中東政策への報復、米国人が4人を殺害

米国の中東政策への報復、米国人が4人を殺害

   米国人が4人の殺害を認めた。動機は米国の中東政策に対する復讐だという。地元当局の発表をロサンゼルス・タイムズが報じた。

   ワシントン検察によれば、アリ・ムハンマド・ブラウン氏が4人の殺害を認めた。ワシントン州の3人、ニュージャージー州の1人が被害者だという。

   ブラウン氏は、シリア、アフガニスタン、イラクにおける殺人への復讐が目的だったと語っている。「私の使命は私たちが毎日失っている命、何百万という命について、復讐することだ。これら命はことごとく米国とその政府に奪われている」。

   リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする