2014.10. 9 , 13:17

米国 シリアで「イスラム国」の拠点を再び空爆

米国 シリアで「イスラム国」の拠点を再び空爆

   米国とその同盟国は、シリア北部コバニで、テロ組織「イスラム国」の拠点に対する空爆を8回実施した。ロイター通信が、米中央軍の情報を引用して伝えた。

   米中央軍は、「米中央軍は、コバニ情勢を注視し続けている。クルド人は、町の大部分を管理しているようだ」と発表した。

   米国は8日、オランダと英国と共同で、コバニ近郊の「イスラム国」の拠点に対する空爆をさらに6回実施した。空爆の結果、「イスラム国」の装甲自動車、武装車両、武器などが破壊された。

   「ロシア新聞」より

  •  
    シェアする