2014.10.12 , 14:41

プーチン大統領とバーレーン国王 両国関係の肯定的な発展を指摘

プーチン大統領とバーレーン国王 両国関係の肯定的な発展を指摘

  ロシアのプーチン大統領は、ロシアとバーレーンの関係が肯定的に発展しているとの認識を示した。

   プーチン大統領は、バーレーンのハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ国王と会談し、2国間関係および国際問題について協議した。

   プーチン大統領は、ロシアとバーレーンが国交を樹立してから来年で25周年を迎えることに言及した。

   国王は、歓待に感謝の意を表し、両国関係に存在する豊かな遺産について強調した。

   イタル・タス

  •  
    シェアする