2014.10.17 , 15:41

中国とベトナム、海洋紛争に関する協力で合意

中国とベトナム、海洋紛争に関する協力で合意

   中国とベトナムは海洋紛争において協調行動をとり、自制を発揮することで合意した。金曜、中国メディアが報じた。両国関係は今年初め、南シナ海の紛争海域に中国側が巨費(10億ドル)を投じて石油プラットフォームを建設したことにより、著しく悪化した。

  中国の李克強首相はミラノで開催中のASEMサミットでベトナムのグエン・タン・ズン首相と会談し、その中で、両国は「海洋紛争に対して相応しいアプローチをとり、それをコントロールし」なければならない、両国協力に好適な環境を創るにはそのことが不可欠である、と語った。

   新華社通信は李克強首相の言葉を次のように伝えている。「両者の努力によってこそ、中国とベトナムの関係はここしばらくの「暗黒地帯」を抜け出て、徐々に回復に向かうことが出来る」。

   グエン・タン・ズン首相も「インフラ建設、財政、海洋探査といった方面における協力」に同意し、了承したという。

   ロイター

  •  
    シェアする