2014.10.23 , 03:58

サウジアラビアNCB銀行、イスラム的基準に合致するため380億ドルの資産放棄へ

サウジアラビアNCB銀行、イスラム的基準に合致するため380億ドルの資産放棄へ

サウジアラビアのナショナル・コマーシャル(NCB)銀行は10月に株式公開を計画中だが、事業を回教法典の基準に合致させるためには、株式から380億ドルを除去せねばならない。

これまでNCBは公開の場でこの先5年間、すべての非イスラム株式を除去することを明らかにしていた。NCBがこれを行うのは、イスラム教の権威的神学者らからの批判をかわすため。神学者らは正しい信仰心を持つイスラム教徒はNCBの資産に参加せぬよう呼びかけていた。ブルームバーグが報じた。

回教法典の解釈をめぐって有力なイスラム教神学者の間では、イスラム教徒は株式購入を行うことができるのか、否かの大論争が展開されている。高僧のひとり、アブドゥラ・アリ・ムトラク氏は、「銀行資産の購買がイスラム教の視点から正しくないと、サウジアラビア人にいうのは残念だが、実際はそうだ。」

インターファックス通信

  •  
    シェアする