2014.10.24 , 10:26

NY、入院中の医師、エボラ感染か

NY、入院中の医師、エボラ感染か

  ギニア出張の後ニューヨークの病院に入院していた医師が、中間的な診断によれば、エボラ出血熱に感染している。ニューヨークタイムズ紙が報じた。

  患者は33歳のクレイグ・スペンサー氏。高熱と嘔吐の症状が見られる。氏は「国境なき医師団」のメンバーとしてギニアで約1か月間、エボラ出血熱対策に参加し、ブリュッセル経由で17日、帰国。23日、マンハッタンのベルヴュー病院の検疫課に入院した。疾病管理予防センターが精密検査を行い、最終的な診断を下すという。

   同氏の友人モーガン・ディクソン氏も予防のため検疫課に入院している。

   リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする