2014.11. 4 , 15:08

イトゥルップ島の新空港、名称を公募

イトゥルップ島の新空港、名称を公募

サハリン、クリル諸島でイトゥルップ島(択捉島)に建設された新空港の名称が公募されている。サハリン州政府広報部が明らかにした。

名称の提案はこの地域の住人であれば誰でも行なえる。サハリン州政府およびクリル地区行政府はすでにいくつかの提案を受理しており、その中でも広い空間を示す「プロストール」、「オーロラ」、著名な旅行家にちなんだ「アトラソフ」、「クリリスク」、「イトゥルップ」などが一番の人気を集めている。名称応募締め切りは11月30日まで。
新空港は1.5ヶ月前に開港された。現在サハリンのユジノサハリンスクとクリリスク間の便が就航しており、必要に応じて今後、ハバロフスク、ウラジオストク、日本との定期便を拡大する可能性がある。年間最高で2万人の乗客受け入れを計画。新空港はソ連崩壊後、ゼロから作られた空港としては第1号。
新空港はイトゥルップ島で日本占領時代に作られたブレヴェストニク空港に代替する。旧空港は天候条件の良好なとき以外は使用できなかった。

eastrussia.ru

  •  
    シェアする