2014.11.11 , 15:48

安倍首相「プーチン大統領訪日、2015年に」

安倍首相「プーチン大統領訪日、2015年に」

  ロシアのプーチン大統領の日本訪問は2015年になる。日本の安倍首相が述べた。当初プーチン大統領の訪日は今年秋に予定されていたが、ウクライナ問題をめぐり延期された。

  安倍首相は火曜、APECサミットが開催された北京で、次のように語った。「我々はプーチン大統領の訪日を来年の最適な日に実現させたい考えだ。それにむけ今後も準備を整えていく」「個人的信頼関係を基礎に、また様々な部門における協力の規模を拡大させつつ、我々は平和条約締結交渉を粘り強く続けていく」。

   日本は1855年の貿易および国境に関する合意に基づき、クリル岩礁の4島、イトゥルプ、クナシル、シコタン、ハボマイの領有権を主張している。モスクワの立場は、南クリルは第二次世界大戦の結果としてソ連の領土に組み込まれたのであり、これら島々に対する国際法に裏付けられたロシアの主権には疑いの余地がない、というものである。クリル諸島の一部の領有権問題は露日関係完全正常化および平和条約調印にとって基本的な障害となっている。

   インターファクス

  •  
    シェアする