2014.11.24 , 04:39

リトアニア保健相「貧乏人は殺してしまえ」

リトアニア保健相「貧乏人は殺してしまえ」

貧しくて医療さえ受けられぬ貧乏人の取りうるひとつの選択肢として安楽死があり得る。7月にリトアニア保健相に就任したリマンテ・シャラシャヴャチュテ氏がこう述べた。

同氏は就任後早速、安楽死の合法化をめぐる議論を喚起し、メディアの取材では、緩和療法が万人に与えられるような社会国家ではない、「ただ悶え苦しむだけの余生で親類縁者に迷惑をかけることを望まないひとたち」には安楽死もあってよいのでは、と述べている。また保健相は、「小児安楽死」問題も提起した。ベルギーの子供たちにはすでにそうした「権利」が与えられている、と保健相。

Mirtesen.ru

  •  
    シェアする