2014.11.25 , 11:33

ファーガソンの抗議行動、全米120都市に拡大

ファーガソンの抗議行動、全米120都市に拡大

ファーガソン市黒人少年銃殺事件で銃を発した白人警官が無罪とされた陪審法廷の判決をうけて、これに対する抗議の波が全米に広がっている。地元マスコミが報じた。

ニューヨーク・タイムズ紙は状況について「長期間にわたる敵意と失望が結果的に大規模な敵意と失望を呼び起こした」とコメントしている。

同紙の報道によれば、24日夜には抗議行動はロサンジェルスからニューヨークまで全米の多くの都市で支持され、拡大した。CBSニュースの試算では抗議行動には数千人が参加している。報道によれば大多数の都市で抗議行動は平和的な形態をとっているものの、ウォールストリート・ジャーナル紙によれば、カリフォルニア州オークランド市では抗議デモの枠内で野蛮な破壊行動がとられている。

ニューヨークのエポック・タイムズ紙の報道では、同市ではデモ隊は3箇所で橋を封鎖した。タイムス・スクウェアでは数千人が「手を挙げろ、撃つな」と叫び声をあげている。封鎖された橋はトライボロ、マンハッタン、ブルックリンの3本とされているが、公式的にはこの情報は確認されていない。

25日も抗議は続くと見られている。地元マスコミはカリフォルニア州ルイスヴィル、カンザス州トピックほか、オレゴン州の数都市で抗議集会が計画されていると報じている。

リアノーボスチ通信

  •  
    シェアする