2014.11.28 , 21:32

日本の学者: 電子たばこは紙巻きたばこの10倍危険

日本の学者:  電子たばこは紙巻きたばこの10倍危険

日本の学者たちは、電子たばこには、紙巻きたばこの10倍以上の発がん性物質が含まれていることを明らかにした。

電子たばこの蒸気から、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒドなどの発がん性物質が検出されたという。AFP通信が伝えた。
厚生労働省の依頼で調査を行ったのは国立保健医療科学院。
国立保健医療科学院の欅田尚樹部長によると、調査した電子たばこのうち1製品からは、紙巻きたばこの10倍以上の濃度の発がん性物質が検出された。
特に加熱されると、発がん性物質の濃度が高くなるという。
ロシアの各マスコミより

  •  
    シェアする