2014.12. 4 , 18:44

中国、中東急進主義への西側のアジテーションを非難

中国、中東急進主義への西側のアジテーションを非難

 中国の人民日報は4日、中東の急進主義の高まりの原因は、反体制勢力を支援した西側諸国にあるとしてこれを非難する記事を掲載した。

中国之声新聞は「トラに餌をやり、結果として害を招くという古典的例だ」とコメントし、「この事実はよく調べもせずシリアの戦闘行動にジハード戦士を送り込んだ結果、急進主義組織『イスラム国』の増殖を招いたことを裏付けている」と強調している。

中国共産党中央委員会の機関紙も地域の問題への外国軍の介入に反対を示している。「主要な大国の(『イスラム国』への)関与は世界中で回避されるべき。これはカオスを深遠化させるだけだ。」

同機関紙は、シリアの穏健反体制派の武装にも異議を唱え、この地域で反体制運動を支持した場合、情勢の正常化に寄与しないだけでなく、しっぺ返しを受けると警告している。

インターファックス通信

  •  
    シェアする