2014.12.18 , 13:38

プーチン大統領、困難な経済状況は外的要因による

プーチン大統領、困難な経済状況は外的要因による

プーチン大統領は国内の複雑な経済状況は外的要因で引き起こされたものと語った。

プーチン大統領は毎年恒例のモスクワでの大記者会見で、こうした要因のひとつに石油価格の下落を指摘した。ルーブルのレートの下落に関して大統領は、政府と中央銀行は状況克服のための必要かつ正しい措置をとっていると語った。

大統領は、政府は支援を必要とする者を助け、現在ある予備金に依拠し、国の社会的責任を全て遂行することを約束した。

一方で大統領はロシア経済の多極化の必要性を指摘し、政府がこれと取り組んでいき、状況はかならず正常化すると強調した。

  •  
    シェアする