2014.12.28 , 03:20

日本人の貯蓄率低下

日本人の貯蓄率低下

長い間、日本人は無駄遣いをしないつつましい国民と考えられていたが、日本では最近、貯蓄率が低下しているという。

日本経済新聞は、「内閣府が25日に発表した2013年度の国民経済計算確報で、所得のうちどれだけ貯金に回したかを示す家計貯蓄率がマイナス1.3%となった」と報じた。

家計貯蓄率のマイナスは、今年4月1日の消費税引き上げの前に買い物をする人が増えたことと関連している。

日本の膨大な政府債務の大部分は、預金者が負っているため、同指標は日本にとって特に重要となっている。

Vesti.ruより

  •  
    シェアする