2014.12.30 , 00:15

ロシア、初のイスラム教徒用ホテルが登場

ロシア、初のイスラム教徒用ホテルが登場

   ロシア・イスラム教徒評議会のラヴィリ・ガイヌトディン会長はホテル観光セグメントの提供するサービスが「ハラール」の標準に合致していることを確認した。「ハラール」はイスラム法上で食べることのできる食物を指す。

  29日、ロシア・イスラム教徒評議会広報部は、イスラム教徒専用ホテルについて、こうしたホテルの部屋はイスラム正法「シャリーア」の基準に合致していなければならず、今回出来たホテルはロシアで初のイスラム教徒用ホテルの標準となるとの評価を表している。

   部屋にはイスラム教徒が祈りをささげるメッカのキブラの方向が示してあり、聖典コーランと祈祷で使うじゅうたん、沐浴用の水差しが備え付けられる。イスラム教徒の宿泊客にはハラール・ミートが用意されるほか、断食のラマダンの月には断食明けの食事と朝の特別の食事も出される。

   ロシア初のイスラム教徒用ホテルの等級は通常の星ではなく、「月」で表される。

 

   インターファックス通信

  •  
    シェアする