2015.01.16 , 04:00

ローマ教皇、言論の自由は他者を侮辱する権利ではない

ローマ教皇、言論の自由は他者を侮辱する権利ではない

  ローマ教皇フランシスコは、言論の自由は他者の振興を侮辱する権利を与えるものではないとの見方を示した。AFP通信が報じた。

  教皇は現在、フィリピンに滞在中。アジア巡礼の第2段階を開始している。

   これより以前、フランスのシャルリ・エブド風刺週刊紙は預言者モハメッドの新たな風刺画を発行している。

   イタルタス通信

  •  
    シェアする