2015.02. 7 , 19:36

プーチン大統領、ロシアは誰とも戦うつもりはない

プーチン大統領、ロシアは誰とも戦うつもりはない

ロシアは誰とも戦うつもりはない。 プーチン大統領はこうした声明を表した。 リアノーボスチ通信が報じた。

プーチン大統領はロシア独立労働組合連盟第9回大会でミハイル・ シマコフ会長が行なった演説にコメントしたなかで、 次のように語った。

「わが国に対して戦争が行なわれているかということについて。 戦争はありがたいことにない…。だが、 我々の発展を様々な手段で押さえ込もうという試みは確かにある。 」

プーチン大統領は、 現在一極化世界を凍結させようという試みが行なわれていると指摘 した。

「こうした世界秩序は決してロシアを もしこれが誰かの気に入り、 半ば占領された条件での生活を望む者がいても、 ロシアがこれを作ることはない。 だが我々は誰かを相手に戦うつもりはない。 我々は万人と協力を行うつもりだ。」

プーチン大統領は同時に、 ロシアに制裁による圧力をかけても誰のためにもならないと指摘し た。

  •  
    シェアする