2015.02.11 , 10:33

プーチン・オバマ両大統領 電話でウクライナ情勢を討議

プーチン・オバマ両大統領 電話でウクライナ情勢を討議

クレムリン報道部が伝えたところでは、プーチン大統領とオバマ大統領は、電話会談し、ウクライナ危機について話し合った。なお会談は、アメリカ側の提案によって行われた。

クレムリン報道部は、これについて次のように発表した―
「プーチン大統領は、ここ最近のロシア側の提案、とりわけ11日にミンスクで予定されている『ノルマンジー・フォーマット』での首脳会談実施に向けた準備を念頭に討議されている数々の提案に力点を置いて、ウクライナ南部・東部の情勢に詳細な評価を与えた。
ウクライナ情勢に関する立場とアプローチを近づける目的で、ロ米両国大統領は、様々なレベルでのコンタクトを支援する事で合意した。」
10日火曜日、ドンバス(ウクライナ南部・東部)での紛争調整に向けたコンタクト・グループは、最初の会合を開いたが,その作業の結果についてはまだ、明らかにされていない。

  •  
    シェアする