2015.03. 6 , 14:09

プーチン大統領、国家公務員の給料を減らす、まずは自分から

プーチン大統領、国家公務員の給料を減らす、まずは自分から

ロシアのプーチン大統領は3月1日から12月31日まで大統領および一部国家公務員の歳費を1割削減することに関する命令に調印した。

首相、検事総長、捜査委員会長官、大統領府職員、会計局員の俸給が削減される。

命令は調印の日に発効する。危機が深まったら給料削減はさらに続く可能性もあるという。

インターファクス

  •  
    シェアする