2015.03. 7 , 14:38

ロシア保安庁 ネムツォフ氏殺害容疑者2名を拘束

ロシア保安庁 ネムツォフ氏殺害容疑者2名を拘束

 土曜日、ロシア連邦保安庁のアレクサンドル・ボルトニコフ長官は、政治家ボリス・ネムツォフ氏殺害事件の容疑者2名を拘束したと伝えた。

 ボルトニコフ長官は、ロシア第1チャンネルに出演し「捜査の結果、本日土曜日、アンゾル・クバシェフ某とザウル・ダダエフ某の2名を、事件の容疑者として拘束した。この事については、大統領に伝えられた」と述べた。

 長官は又「容疑者がカフカスの住人である事、捜査が今も続けられている事」を確認した。

 長官によれば、プーチン大統領の委任により、連邦保安庁、内務省及び捜査委員会は、ネムツォフ氏殺害事件究明に向け合同機動捜査班が作られた。

 ボリス・ネムツォフ氏は、先月27日モスクワ中心部のボリショイ・モスコヴォレツキイ橋で銃撃され死亡した。ロシア捜査委員会は、氏が殺害された理由について、政治的なものも含めいくつかの説を検証中だ。

  •  
    シェアする