2015.03.13 , 14:10

EU評議会、対ロ制裁を9月15日まで延長

EU評議会、対ロ制裁を9月15日まで延長

ウクライナ問題に関連して2014年3月にロシアおよび義勇軍に対して導入されたEUの個別制裁が公式に9月の15日まで延期された。EU評議会がコミュニケを出した。

制裁は当初2015年3月15日までとなっていた。EU諸国外相はマリウポリ砲撃後の1月29日に緊急会合を開き、期間を半年延長することを決め、担当機関に対象者リストの拡大を準備するよう命じた。

リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする