2015.03.17 , 14:48

ラトビア首都で、ナチス親衛隊元隊員らが行進

ラトビア首都で、ナチス親衛隊元隊員らが行進

   ラトビアの首都リガの中心で、毎年恒例となったナチス親衛隊の元隊員らによる行進が16日、数千人が参加して行われた。行進は親衛隊のラトビア地域における武装親衛隊(Waffen-SS)を記念するもの。武装親衛隊は第2次大戦当時、第三帝国の側について戦った。

 

 

   行進実施が公的に許可されたことについて、ラトビア国内で激しい論議が持ち上がった。多くの市民は武装親衛隊を讃えることはナチズム賛美と同じと捉えている。

   ロシアテレビは、ナチズムに反対する米国のサイモン・ウィーゼンタール・センターのエフライム・ズロフ所長にインタビューを行なった。

   リガの行進を見守っていたズロフ所長はこれに対し、「この人々は第三帝国の勝利のために戦っていた。第三帝国とは人類史上最も大規模なジェノサイドを行なった張本人だ。このこと事態がすでに、なぜ、この人々を英雄化してはならないかという理由である。この者らは、自分らこそが独立国ラトビアの建国を助けたのだと我々に信じ込ませようとしているが、ここには真実のかけらもない」と語っている。

 

  •  
    シェアする