2015.03.18 , 00:42

オバマ大統領「ISの出現は中東における米国の行動の結果」

オバマ大統領「ISの出現は中東における米国の行動の結果」

  米国のオバマ大統領は「過激派テログループIS(イスラム国)の起源をたどってゆくと、このテロ組織の発生及びこの組織のシリア、イラクでの広がりは、中東における米国の行動の予期せぬ結果である、との結論に達した」と述べた。

  オバマ大統領は、米国のテレビVice Newsのインタビューに応じた中で、現在イラク及びシリア領内で活動中のテロ組織ISの起源について語り「ISの影響力が強まったのは、ジョージ・ブッシュ大統領時代の2003年に行われた米軍のイラク進攻の予期せぬ結果である」と強調し「ISは、米軍の侵攻により肥大化したイラクにおける『アルカイダ』の分派であり、前もって意図された結果ではない」と述べた。

 

  •  
    シェアする