2015.03.19 , 04:07

欧州委員会 ギリシャのユーロ圏脱退容認

欧州委員会 ギリシャのユーロ圏脱退容認

欧州委員会は、ギリシャのユーロ圏離脱を容認するが、これがユーロ圏にとって否定的な結果につながる可能性があると考えている。独Die Welt紙のインタビューで、欧州委員会・経済・財務担当担当委員のモスコビシ氏が述べた。

これより先、投資家を対象とした調査を基盤に作成されているユーロ圏崩壊指数(EBI)は、2013年3月以来の最高値に達した。回答者の38パーセントが、1年以内にユーロ圏が崩壊するとの確信を示した。

欧州中央銀行は、ギリシャ債務の免除あるいはデット・エクイティ・スワップ(債務の株式化)には参加しないと発表した。ドイツのメルケル首相も、債務免除の可能性を否定した。

世論調査によると、ドイツでは住民の48パーセントが、ギリシャのユーロ圏離脱に賛成している。

ギリシャの債務総額は、3200億ユーロ。

  •  
    シェアする