ロシア連邦保安庁のテロ訓練(アーカイブ)

保安庁、ロシアW杯に向けスタジアムでテロ対策訓練の動画を公開

© Sputnik / Igor Zarembo
カリーニングラード
短縮 URL
0 100
でフォローする

ロシア連邦保安庁はサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会に備え30日、カリーニングラードのスタジアムで行った大規模なテロ対策訓練を行い、動画を投稿した。

スプートニク日本

訓練はアリーナで2発の爆発が起き、武装集団がファンを人質に取ったことを想定して行われたと、同庁カリーニングラード州局が30日に明らかにした。

爆発物がドローンで運び込まれたと想定。訓練には保安庁の航空部隊、警察、ロシア連邦刑執行庁、ロシア非常事態省、その他省庁が参加した。

タグ
軍事演習, 2018年のロシアW杯, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント