05:02 2018年12月13日
アンジェリーナ・ジョリー

アンジェリーナ・ジョリーさん、ガンの脅威から今度は卵巣切除

© Flickr / Daniel Sempértegui
社会
短縮 URL
0 212

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが再度手術。ガン罹患のリスクを下げるため、卵巣を切除。ジョリーさん自身がニューヨーク・タイムズ紙に明らかにした。

ジョリーさんは絶えず診察を受けてきたが、2週間前に知らされた最新の診断の結果、ガンの初期段階が疑われる兆候が見られたため、手術を即断。ジョリーさんは母親、叔母、祖母をガンで亡くしている。

ジョリーさんは卵巣切除について、2年前に受けた両乳腺の切断手術よりも軽かったとコメントしながらも、結果はより深刻なものとなるだろうと危惧感を表した。

「子どもは産めなくなる。それに身体的な変化が起きると思う。それでも、何が起ころうとほっとした。ここでは恐れることは何もない。」ジョリーさんはこうコメントする一方で、子どもを持つ前に卵巣切除を余儀なくされた女性たちを思い起こし、深い同情の念を表している。

 

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント