21:10 2017年12月12日
東京+ 8°C
モスクワ0°C
    サウジアラビアの大ムフティー 夫が自分の妻を食べることを許可する

    サウジアラビアの大ムフティー 夫が自分の妻を食べることを許可する

    © Fotolia/ determined
    社会
    短縮 URL
    0 221

    サウジアラビアの大ムフティーであるアブドゥルアズィーズ・アール=シャイフ師は、致命的な飢餓状態に陥った場合、夫には自分の妻を食べる完全なる権利があると発表した。Vesti.ruが、ミラー紙の情報を引用して伝えた。

    大ムフティーは、「もし夫が致命的な飢餓状態にあり、家で食べ物を見つけることができなかった場合、夫は自分の妻の体の一部を切り取って、食べることができる」と述べた。

    なお大ムフティーはその際、「夫婦は一体」であるため、妻は抵抗してはならないと指摘したという。

    サウジアラビアでは、このムフティーの説教に怒りの声があがった。なお説教は、まだムフティーの公式サイトには掲載されていないという。

    これより先、マスコミはアブドゥルアズィーズ・アール=シャイフ師が、イスラム教以外のあらゆる宗教の聖堂や寺院を破壊し、15歳未満の少女の結婚を許可することを提案したと報じた。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント