10:08 2017年08月24日
東京+ 29°C
モスクワ+ 16°C
    アルメニア首都、抗議市民が3つの要求項目を掲げる

    アルメニア首都、抗議市民が3つの要求項目を掲げる

    © Sputnik/ Asatur Yesayants
    社会
    短縮 URL
    0 42406

    アルメニアの首都エレヴァンのバグラミャン元帥大通りで抗議行動を続ける市民は政権に対し3つの要求項目を掲げた。

    要求項目には電気料金値上げの決定を一時停止、電気料金値下げについて抗議市民との交渉開始、6月23日、活動家および記者らに対し、便衣の警官が暴力を振るったことへの責任追及が掲げられている。

    声明には「我々は、ここに集まる多くの人たちと同様、何らかの警察力に属してはいない。我々は常に民衆とともにあり、窃盗を許さない」と書かれた。

    アルメニア社会サービス調整委員会は6月17日、8月1日からの電気料金の16%値上げを決めた。この決定がきっかけとなり、首都エレヴァンではすでに数日間にわたり抗議行動が続いている。

    エレヴァンでの電気料金値上げ反対行動は6月19日から開始され、その後、大統領官邸までの行進に発展した。警察は特殊機器を用い、抗議市民の散会を図り、記者を含むおよそ240人が警察の拘束を受け、25人が病院で手当を受けた。抗議行動は23日夜再燃。自由広場に集まった市民は再び、バグラミャン大通りの大統領官邸までの行進を組織したが、その途中でまた警官らの警戒線に阻まれている。

    関連:

    アルメニア、首都で実施された電力値上げ抗議行動
    新聞「WSJ」:アルメニアでの抗議行動はウクライナのシナリオに従って進んでいる
    アルメニア首都エレヴァンでの抗議行動続く
    タグ
    抗議, アルメニア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント