11:16 2020年12月04日
社会
短縮 URL
0 313
でフォローする

カナダ出身のモデル、パメラ・アンダーソンさんはロシアのプーチン大統領と面会を希望している。会って、ふたりで動物、環境保護問題を話し合いたいのだそうだ。

「彼と会って、自然、動物、エコロジー保護問題について私の基金とロシア政府との間にどうやったら建設的な対話ができるか、話し合いたいんです」とのこと。

とはいえ、もちろんアンダーソンさんの「デート」のお誘いがうまく成立する見込みは薄い。当のプーチン大統領は、環境保護は自分の主たる最優先課題のひとつであるとは何度も語っているが。

もし、プーチン大統領があまりに多忙であられるならば、アンダーソンさんはロシアのセルゲイ・ドンスコイ天然資源環境相との会談でもいいそうだ。

タグ
ウラジーミル・プーチン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント