14:25 2018年12月10日
望遠鏡

「宝石の塊」の小惑星、今日、地球に大接近!

© Sputnik / Maksim Bogodvid
社会
短縮 URL
0 42

19日、小惑星2011UW158が地球に最大限近づき、脇を通過する。小惑星は大量のプラチナなどの貴金属を含んでいる。デイリーメール紙が報じた。

天文学者らによれば、小惑星の核は1億トンのプラチナなどの貴金属を含有。その額は5.4兆にもなる。

小惑星は直径約1キロ弱。地球から240万キロ離れた地点を通過する。この距離は月までの距離のわずか6倍。

地球外の貴重な天然資源の開発を長期的に行なう目的で設立された米企業Planetary Resourcesは、すでに将来、この小惑星の貴金属の採掘を始める意向を表している。

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント