03:15 2017年09月24日
東京+ 19°C
モスクワ+ 14°C
    米ヘリコプター 誤ってアフガン軍の検問所を攻撃

    米ヘリコプター 誤ってアフガン軍の検問所を攻撃

    © AFP 2017/ Shah Marai
    社会
    短縮 URL
    2299111

    米国のヘリコプター2機が、アフガニスタン軍の検問所を誤って攻撃した。「アル=アラビヤ」によると、兵士14人が死亡し、検問所は全焼した。

    事件が起こったのは、ロガール州。ロガール州の大部分は、反政府武装勢力タリバンによって支配されている。しかし検問所が設置されていたバラキ・バラク地区は安全だと考えられていた。

    生存者たちによると、攻撃を受けた時の視界は良好で、検問所にはアフガニスタンの国旗が掲げられていたという。米軍当局は、今のところコメントを控えている。

    ロガール州では、以前にも米国のヘリコプターが同盟国を攻撃する事件が起こっている。2014年3月、検問所が空爆を受けてアフガニスタンの兵士5人が死亡、8人が負傷した。同じく2014年の12月にも米空軍のヘリコプターが誤って民間人の集団を攻撃し、5人が死亡、6人が負傷した。

    米国の指導部にとっては、再び兵士たちに、アフガニスタンの市民とではなく、アフガンに潜んでいるテロリストとの戦闘が繰り広げられている、と説明するのがよいようだ。しかし、全ての兵士がこれを理解するわけではないだろう。

    タグ
    アフガニスタン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント