06:48 2017年12月13日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    行方不明マレー機捜索 レユニオン島近くで中国語表記のあるボトル見つかる

    行方不明マレー機捜索 レユニオン島近くで中国語表記のあるボトル見つかる

    © AP Photo/ Ng Han Guan
    社会
    短縮 URL
    0 21

    数日前に、マレーシア航空機MH370便のものではないかと見られる翼の残骸が見つかったインド洋西部に位置するフランスの海岸県、レユニオン島の近くで、表面にマレーシア語と中国語が書かれたプラスチック製のボトルが発見された。これは、先日見つかった翼の残骸が、昨年3月にインド洋上空で突然行方不明となったマレー機のものではないかとの予測を確認するものとなっている。

    新聞「Mirror」によれば、水中から表面に中国語が書かれたボトルが見つかった。それ以外に捜索員らは、インドネシア語の書かれた容器も発見した。行方不明機には、155人の中国市民が乗っていた。

    レユニオン島で、海岸を清掃していた人々が飛行機の翼の残骸を見つけたとの情報は、29日に世界に配信された。それを受けて複数の専門家らが「この残骸は、おそらく行方不明になったマレー機のものかもしれない」との見解を発表した。その後、残骸が見つかった場所の近くで、ボロボロになったスーツケースも発見された。

    マスコミ報道によれば、残骸の調査は、フランスで行われる予定だ。作業は来週始まる。残骸は、民間航空安全調査・分析局が置かれているトゥールーズに送られる。

    タグ
    災害・ 謎・発見・スキャンダル
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント