12:58 2017年08月17日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    密猟者に傷つけられたサイにゾウの皮膚が移植される

    密猟者に傷つけられたサイにゾウの皮膚が移植される

    © Flickr/ SarahDepper
    社会
    短縮 URL
    123230

    南アフリカで、密猟者に撃たれて傷を負った雌のサイにゾウの皮膚を移植する手術が行われた。CNNが伝えた。

    雌のサイ「ホープ(希望)」は、南アフリカのクワズール・ナタール州にある野生動物公園でサイの角を狙う密猟者に撃たれて負傷した。

    精神病質者の判定法、確立か
    © Sputnik/ Aleksandr Polyakov
    サイの角は、装飾品や医療の材料市場で高値で取引されている。

    密猟者たちは「ホープ」が倒れた後、角を取り出した。その際に「ホープ」は深い傷を負い、骨は砕かれ、事実上、残ったのは軟組織だけとなった。

    プレトリア大学で野生動物の手術を専門としているヨハン・マレ氏によると、「ホープ」が突然意識を取り戻したため、密猟者たちは2本の角のうち1本しか抜くことができなかったという。

    手術を担当したマレ氏は、「移植のためにゾウの皮膚を使用することにした。なぜならゾウの皮はサイにとって一般的な習慣である摩擦に耐えたり、組織を固定するために使用した鋼のボルトや繋ぎ目などを支えることができると期待したからだ」と語った。

    CNNは、「ホープ」は立派に手術に耐えたと報じた。

    CNNによると、南アフリカではサイの角が癌の治療に効果があるとの情報が広まったことを受けて、最近、密漁によるサイの死亡数が記録的なものとなっている。昨年だけでも密猟者によって1200頭が殺された。

    タグ
    動物
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント