01:30 2018年09月19日
ロシアで毎日オンラインゲームをしていた少年が死亡

ロシアで3週間立て続けにオンラインゲームをしていた少年が死亡

© Flickr/ Thomas Heylen
社会
短縮 URL
0 210

ロシア・バシコルトスタン共和国のウチャリで8月30日、17歳の少年がオンラインゲームをしている最中に意識不明となり、病院に搬送される途中で死亡した。少年は、長時間パソコンの前に座り続けたため死亡したという。調査委員会広報部が伝えた。

ライフニュースの報道によると、17歳の少年ルスタムさんは、足を負傷して今年の8月8日から自宅におり、夜になるとパソコンでオンラインゲーム「ドータ」をしていた。ルスタムさんは2014年から合わせて2000時間以上もゲームをしていたという。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント