10:18 2017年09月24日
東京+ 23°C
モスクワ+ 5°C
    ロシアに日本の技術によるゴミ焼却施設を建設

    インド、温室効果ガス放出量を2030年までに33~35%削減へ

    © East News/ imago stock&people
    社会
    短縮 URL
    0 121 0 0

    インドは地球温暖化ガスの放出量を2030年までに33~35%削減する目標を据えた。1日夜、インドは温室効果がス削減に関するINDC(各国が自主的に決定する約束草案)を発表した。

    文書によれば、インドは温室効果ガスの放出量2030年までに2005年のレベルに比較して33~35%削減する構え。このほかインドは2030年までに電気エネルギーの40%を化石燃料以外の資源を用いて生産する計画を発表している。

    インド政権はまた植林を行い、森林面積を増やすことで2030年までに炭酸ガスをさらに25億~30億トン吸収する構え。

    これより前、プーチン大統領は第70回国連総会で演説したなかで各国に対し、気候変動と闘う新たな突破口策を模索するよう呼びかけた。プーチン大統領は2030年までに温室効果ガスの放出量を25年前のレベルに比較して25~30%削減する構えであることを明らかにしている。

    関連:

    次の「暴風雨シーズン」はNYを直撃、研究者らが発表
    タグ
    インド
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント