19:42 2018年08月16日
社会

米アイダホ 増えすぎたビーバーにパラシュートをつけ遠隔地に投下

社会
短縮 URL
0 43

米アイダホ州で、歴史家らが、65年前の古いビデオ映像を発見し、調べたところ、飛行機からパラシュートでビーバーを投下する珍しいシーンが写っており、大きな話題となっている。新聞「ガーディアン」によれば、これは、当時州当局が、増えすぎたビーバーを減らすため積極的に取った措置だったとの事だ。

20世紀半ば、アイダホ州当局は、毛皮が高値で取引されるビーバーや他のげっ歯類が増えすぎ、頭を悩ませていた。そこで考えられた方法が、好物のニンジンを使った罠を仕掛け、傷つけることなくビーバーを捕獲し、そのあと特別の箱に彼らを入れ、箱にパラシュートをつけて、州の他の地区に飛行機を使って空からばら撒くというものだった。

なおこの記録ビデオを撮った人物によれば、そうした「パラシュート降下作戦」の過程で、肉体的、精神的に障害を受けたビーバーはいなかったようだ、とのことだ。

タグ
動物, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント