23:49 2017年11月22日
東京+ 7°C
モスクワ-1°C
    なぜ米国海軍の戦艦はロシア沿岸に近づくことを恐れるのか

    なぜ米国海軍の戦艦はロシア沿岸に近づくことを恐れるのか

    © 写真: U.S. Navy
    社会
    短縮 URL
    59033532

    米海軍はしばしば国際法を無視して許可なく外国の領海に侵入する。しかしあるとき米海軍は厳しい反抗にあった。 1988年2月、米海軍の巡洋艦「ヨークタウン」と駆逐艦「キャロン」が黒海に入り、さらにはソ連領海6海里に侵入した。米国側によれば航行の自由の範囲内の行動であり、ソビエトの海上国境線を侵犯する意図はないとのことだったが、真意は別のところにあった。

    米艦は無線探査機のスイッチを入れたまま航行していた。すなわち諜報活動を行いながら航行していたのだ。それまでも米艦はソ連領海内で不審な動きを見せていた。ソ連側の諜報専門家によれば米側はソ連の海底通信ケーブルに特殊な情報取得用装置を取り付けていた。

    米艦は領海侵入ののち「貴艦はソ連領海を侵犯しておいでです」とのソ連側の警告を無視した。ソ連側は哨戒艦「ベズザヴェートヌィ」と「SKR-6」を派遣、再度警告を行った。「ソ連領海への侵入は看過できません。示威接近や衝角(体当たり)によって貴艦を追い出せとの命令も出ています」。

    しかし米艦は退去しなかった。ソ連艦は接近を開始した。「ベズザヴェートヌィ」司令官ボグダーシン氏は次のように述懐している。

    「『ヨークタウン』は『ベズザヴェートヌィ』の3倍の排水量だった。サイズも2倍大きかった。衝撃で我が方は舳先が左へ、船尾が右へ急回転。互いの船尾が接近した。双方にとって危険な状態だ。当方には4管式魚雷が左右両側に備えられていた。発射準備は出来ていた。魚雷は衝撃で爆発するかもしれなかった。米艦側の尾部にはミサイル装置『ハープーン』が8基もあった」。

    衝突後両艦は互いに向きを反転させたが両司令官はもとのポジションの回復を指令。ソビエト艦は再び米艦に接近する。今度はより強力な、そして効果的な示威接近いや衝角が行われた。敵艦のヘリポート部に衝撃が加えられた。哨戒艦の高い船首が敵艦のヘリポートに乗り上げその上にあったものを蹴散らした。この二度目の衝突で「ヨークタウン」はミサイル装置「ハープーン」4基を失い船上火災が発生した。

    同時に2隻目のソビエト哨戒艦が米駆逐艦「キャロン」への妨害を試みた。ボグダーシン氏は語る。「СКР-6は大きさが『キャロン』のわずか4分の1だった。船主で突いたが突き放された。それで一巻の終わりだ」。

    一方哨戒艦「ベズザヴェートヌィ」は「ヨークタウン」から距離を取り三度警告した。もし退去しなければ再度の衝角を行う、と。

    「ヨークタウン」は艦載ヘリを発進させる気配を見せた。ソビエト艦は又しても警告を行う。「ヘリ発進の場合にはこれを領空侵犯と見なし、撃墜します」。現場に航空部隊が出動する。米艦上空に戦闘用ヘリMi-24が2機姿を現すと「ヨークタウン」は元来た方へ退却を始めた。そして中立水域へと去っていった。

    黒海におけるこの出来事で米海軍は損傷を蒙った。「ヨークタウン」の司令官は更迭された。米議会上院は半年のあいだ地中海および黒海を拠点とする第6艦隊の諜報予算を全面凍結。米海軍はソ連領海12海里への侵入を忌避するようになった。

    タグ
    歴史, 冷戦, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント