13:01 2018年11月19日
Chevron  エクアドルの森林汚染への補償95億ドル

Chevron  エクアドルの森林汚染への補償95億ドル

© AP Photo / Charlie Riede
社会
短縮 URL
390

エクアドルのジャングル環境汚染に関する訴訟は、すでに約20年続いているが、今に至るまで汚染のレベルは恐るべき高さのままだ。一方責任を負っている会社による汚染除去努力は、遅々として進んでいない。

しかし、新しい展開が生じ、状況が変化する可能性が出てきた。エクアドルの地元住民が汚染の元凶であると非難しているChevron社側の重要証人が、証言を拒否したからだ。宣誓の際に彼は、かつて根拠なく、エクアドルの法律家達について賄賂を受け取っていると非難したことを認めた。彼のウソの証言によって、Chevron社は2011年、有罪判決により下された数十億ドルの保証金の支払いを免れている。

エクアドルの人達は、Chevronとその子会社を、およそ6800万トンの毒物と石油6400トン以上をエクアドル領内に廃棄したと非難している。Chevronは又、老朽化した環境保護機材を使用していたと批判されている。

長年にわたる訴訟の後、エクアドルの司法機関は、Chevron社に対し有罪判決を下し、地元住民に総額ほぼ100億ドルの補償金を支払うように命じた。

タグ
環境, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント