20:03 2017年11月22日
東京+ 9°C
モスクワ0°C
    テニス女王のセリーナ・ウイリアムズ選手

    テニス女王のセリーナ・ウイリアムズ選手、携帯泥棒を捕まえる

    © Sputnik/ Anton Denisov
    社会
    短縮 URL
    0 38820

    五輪女子テニス4冠王のセリーナ・ウイリアムズ選手がレストランで自分の携帯電話を盗もうとした泥棒を捕まえた。

    ウイリアムズ選手はその時の模様について、自分のインスタグラムにスーパーマンにコスプレした自分の写真つきで、次のように描写している。

    「昨日のディナーで信じられない事が起きたの。チャイナフード(それがものすごく美味しい)を味わっていると、隣に若い男が立ったの。何か勘が働いて、こいつからは目を離しちゃだめだわって思った。そしたら男はあまりに長い間そこにたっていたんで、(お客さんかしら。トイレが空くまで待っているのかしら)と思ったのよ。でも何かいやな予感は去らなかったのよね。」

    ウイリアムズさんによれば、携帯電話は隣に空いていた席においてあった。一瞬、ウイリアムズさんは男が自分の携帯電話を引っ掴み、足早に逃げて行くのに気づいた。

    「私はイスを一瞥し、大声を上げた。『オー・マイ・ゴット!あいつ、私の電話を盗んだんだわ!』そしてもう考える間もなく、イスを次々に乗り越えながらレストランを飛び出して、後を追ったの。」

    Soooooo yesterday at dinner the CRAZIEST THING happened to me. I was sitting enjoying some Chinese food (delicious may I add) and this guy stands next to me. It was only 2 of us sitting at a 4 person table just chatting like we have not seen each other in years. Anyways I digress, so this guy is standing next to me and something (I have now dubbed it my SUPERHERO sense) told me to watch him. My phone was sitting in the chair but I just didn't feel right. He was there too long. "Is he a customer?" I thought "Is he waiting on the bathroom?" nonetheless I tried to shake his this eerie feeling. However, I kept watching him from the corner of my eye. Than when least expected low and behold this common petty thief grabbed my phone and swiftly left. I looked at the chair, than shouted "Omg that dude took my phone!!" Not thinking I reacted (hence the superwoman photo) I jumped up, weaved my way in and out of the cozy restaurant (leaping over a chair or two) and chased him down. He began to run but I was too fast. (Those sprints came in handy) I was upon him in a flash! In the most menacing yet calm no nonsense voice I could muster I kindly asked him if he "accidentally" took the wrong phone. He stumbled on his words probably not expecting this to happen. While he was thinking of the right thing to say and eventually he said "Gosh you know what I did! It was so confusing in there. I must have grabbed the wrong phone." Meanwhile My phone was ringing, my superhero sidekick quailman was face timing me so he could not possibly deny the allegations. I swiftly thanked him and left. Superhero? Maybe? Or HELL YEA!! I've got the speed the jumps, the power, the body, the seduction, the sex appeal, the strength, the leadership and yet the calm to weather the storm. Always listen to your superhero inner voice. Always keep your things close! Fight for what's right. Stand for what you believe in! Be a superhero! When I got back into the restaurant I received a standing ovation. I was proud. I just showed every man in there I can stand up to bully's and other men. It was a win for the ladies! Just because you are a… facebook.com/SerenaWilliams/posts/10153788450706834:0

    Фото опубликовано Serena Williams (@serenawilliams) Ноя 4 2015 в 6:33 PST

    ウイリアムズさんは驚く早さで泥棒に追いついたが、ののしることはせず、一言、「あなた、私の電話を間違って持っていったんじゃない? 」予期せぬ事態に完全に打ちのめされた泥棒は、確かに違う電話を引っ掴んでしまったと認めた。この瞬間、ウイリアムズさんの電話がなり、泥棒はどうしようもなくなった。男はウイリアムズさんに電話を返し、ウイリアムズさんは「ありがとう」といって、その場を去った。ウイリアムズさんの話では、レストランに戻るとみんなが立っていて、拍手喝さいで迎えられたそうだ。

     

     

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント