12:30 2018年11月17日
墜落A321型機、フライトレコーダーにはシステム不具合の痕跡記録されず

墜落A321型機、フライトレコーダーにはシステム不具合の痕跡記録されず

© 写真 : Emercom of Russia
社会
短縮 URL
ロシア機エアバスA321墜落 (67)
161

エジプトに墜落したロシア機のフライトレコーダーから得られた情報によれば、高度を9400mまで高める間に記録収集が停止するまで、システムや機体の不具合は何ら記録されなかった。

州際航空委員会サイトで発表された。

「フライトレコーダーは高度9400mを目指す間に記録収集を停止した。その瞬間までフライトは正常に行われており、何らシステムや機体の不具合は記録されなかった」という。

現場では機体の残骸の収集と検査が続けられている。残骸の一部は本体の墜落地から13km離れたところで見つかっている。

州際航空委員会の先の発表では、ボイスレコーダーには数秒間雑音が入っている、とのことだった。

トピック
ロシア機エアバスA321墜落 (67)
タグ
エジプト, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント