10:27 2017年11月19日
東京+ 10°C
モスクワ+ 2°C
    骨董品コレクターは知らず知らずのうちにISのスポンサーになってしまっているかも

    骨董品コレクターは知らず知らずのうちにISのスポンサーになってしまっているかも

    © Sputnik/ Dmitriy Vinogradov
    社会
    短縮 URL
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    0 62637

    「イスラム国(IS)」戦闘員らはシリア・イラクで多くの文化財を掌握している。彼らは、一方では価値ある遺跡を破壊しながら、他方では文化財を違法に販売し、活動資金源としている。ISは骨董品の売却益を主要な財源の一つとしている。

    専門家によれば、この問題は大方の予想よりも大規模で、深刻なものである。アンティークファンは、インターネットで東洋美術を完全に合法な形で購入したのに、知らずにテロリストのスポンサーになってしまっているかも知れないのだ。

    RTはロンドンの考古学者マーク・アルタヴィル氏に話を聞いた。ある骨董品がシリアから運び出されたものかどうかは判定可能なのか?

    「自動車を買うのと同じだ。原則はシンプル。形を見、長所を見、性能を見れば、ある文化財がどこに出自をもっているかがわかる。ISの支配する地域のものかどうかも、そうやって明らかになる。しかし、現物がいきなりここへ舞い込んでしまうと、厄介だ。そうした出品物には、通例、付帯文書がない。すると商人が、好き放題の能書きを並べ立てる」。

    アルタヴィル氏は、高い価値をもち、そして小ぶりな文化財を密売するのは、そう難しいことではない、と語る。

    「税関を通る際には、ポケットに隠したり、お守りやネックレスのように首にかけたりすればいいのだ。あとから手を打とうとしても無駄だ。英国なり欧州各国なりで密売人が摘発され、裁かれる可能性など、ほぼゼロだ。この問題は他ならぬ紛争地帯で発生する。その現場で密売を阻止しなければ、あとからでは手の打ちようがないのだ。

    密売の規模を判定することも相当難しい。たとえば、インターネットで全く合法な形で骨董品を買い、ISを知らず知らずのうちに支援してしまっている可能性もある。我々自身が過激派組織を支援しているのだ、それと知らずに!」とアルタヴィル氏。

    トピック
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント