08:18 2018年11月17日
「G20のスパイ」男性、身元判明G20

「G20のスパイ」男性、身元判明 (動画、写真)

© RT . © Sputnik / The press-service of the President of Russian Federation
1 / 2
社会
短縮 URL
190

アンタルヤのG20サミットでプーチン、オバマ両首脳の会話を「盗み聞き」していたらしき男性の人物特定にマスコミが成功した。

スパイ疑惑がもたれていたこの男性、ホワイトハウスで特別顧問として働くドゥンカン・チーター氏だった。

G20サミットにはチーター氏は米代表団の団長として参加していた。トルコのポーター「ソズク(Sozcu)」が明らかにした。 チーター氏の「スパイ」容疑説ががぜん高まったのは、G20サミットの模様を撮影していたTVカメラがプーチン、オバマ両首脳が通訳とともに座る机のすぐ脇でチーター氏の姿をとらえてしまってからだった。

 

 

この「スパイ」はかなり不審な行動をとっていた。周囲を見渡し、ゆっくりと後ろ向きに移動して、首脳らの場所に少しでも近づこうとしていた。こんな行動から多くの人は、男は首脳らの話を盗み聞きしようとしていると思いこんでしまった。

 

11月18日、この「G20のスパイ」は再び注目の的となった。RT(ロシア・トゥディ)テレビ局のサイトは、G20サミットでカメラの前に現われた不審な男性は、前も露米首脳を監視していたと報じた。男性は9月28日、国連総会で露米の首脳らが演説にたった日にもカメラのレンズに捉えられていた。

 

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント