13:36 2018年09月24日
カイロ空港で米国向けの小包の中に爆発物見つかる

カイロ空港で米国向けの小包の中に爆発物見つかる

© AFP 2018 / Michel Moutot
社会
短縮 URL
0 10

エジプトの首都カイロの国際空港で、爆発物が中に入ったDHLの小包2つが見つかった。新聞「アル-アフラム」が現地当局者の話として伝えた。

新聞報道によれば、小包は、ロンドン経由で米国に届けられるはずだった。小包に隠されていた爆発物は、それぞれ約10キロの重さで、レントゲン検査の際、発見された。

現在、専門家らが、これらの小包について、誰が送ったのかを含め調べている。

10月31日、エジプトのシャルム・エル・シェイクからロシアのサンクトペテルブルグに向かっていた航空会社「コガルィムアヴィア」社のエアバス321型機がエジプトに墜落し、乗客217人、乗員7人全員が死亡した。国際的な委員会が実施した調査の結果、ロシア機墜落の原因は、機内で爆発物が爆発したテロであったと断定された。

タグ
テロ, 米国, エジプト
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント