13:43 2018年10月16日
金

コロンビア沖で発見された財宝 推定価格は約30億ドル

© Fotolia / Alexlukin
社会
短縮 URL
0 91

コロンビアのサントス大統領は、同国沖のカリブ海で約300年前に英国艦隊によって沈められた、金や宝石などが積まれているとみられるスペインのガレオン船「サンホセ」号が発見されたことについて、人類史上最も価値のある発見だとコメントした。

ABCニュースは、米企業シー・サーチ・アーマダの推定によると、銀の価格が下落したことを考慮しても、「サンホセ」号に積まれている財宝の価格は、およそ30億ドルになる可能性があるという。

写真

「サンホセ」号の発見が発表されたのは5日。冒険家たちは数十年にわたって「サンホセ」号を探しいていたが、この度ついに発見された。「サンホセ」号を特徴付ける銅製の大砲に刻まれていたイルカが、特定のキーポイントとなった。

専門家たちによると、「サンホセ」号は11月27日に、今まで一度も調査が行われたことのない海域で発見された。なお調査中に、少なくとも大型の船5隻の破片が発見された。

スペインの船「サンホセ」号は、財宝を積んだ船を奪おうとする英国艦隊との戦いの末、スペイン継承戦争が行われていた1708年にコロンビアのカリブ海沖のロサリオ諸島の近くで沈没した。「サンホセ」号は、スペイン艦隊の旗艦で、金銀、財宝を植民地からスペイン王フェリペ5世のもとへ運んでいた。

なお沈没により、600人いた乗組員のうち、わずか数人の船員しか助からなかった。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント